多様性の4つの有利

よっ、みんな!!元気かい?心は関西人のティミーです。日本語少しの人で許してくれな。
最近アメリカが色々大変なってんねん。聞いた?白人至上主義者がバージニア州に集会があってヘイトスピーチいっぱいあったねん。アメリカのハーフとして恥ずかしいわ.. まぁ.. あまりポリティカルなお話をやりすぎたら複雑になるからこんぐらいにしよっか。とりあえず、どこからの人だとしても周りの人達を友達にしよう
では!ちょっとそのテーマを乗ったままで、会社の多様性の4つの有利ポイントをリストするわ!うるさいヘイトスピーチより、ちゃんとビジネスを成長させるこの話を聞いてな!

クリエーティビティーが上がる

これは簡単やろ!色々の目線と色々の考え方があればクリエーティビティーが上がる。クリエーティビティーが上がったらイノベーションが上がる。「イノベーションは大事!」といつも聞くやろ。本当にイノベーションが欲しければ、頭の良さだけじゃなくて違う考え方がすごく大事やねん。
Insanity is doing the same thing over and over again and expecting different results
-Albert Einstein
「発狂」っていうものは、同じ事を繰り返して繰り返して別の結果を求める事やねん。
アインシュタイン様も関西弁喋るんや.. びっくりした 笑。
色々の商品とサービスが色々の使い方があんねん。自分と違う目線が持ってる人の意見を聞かないと大きいチャンスを見逃してしまう可能性があるねんな。

ネットワークが広がる

自分が入ってないネットワークに入りたかったら、たまには突然入るのが難しいやねん。元々そのネットワークに入ってる人の手伝いがあれば、その人がきっかけになってもっと早くそのネットワークには入れます。
マーケティングによくある事やん。この前俺も「フィットネスインストラクターの知り合い増やしたいわ〜」と思って運が良くてそういう人がうちのベンチャーが繋がりができたねん。その繋がりができたおかげで多くのフィットネスインストラクターと繋がる事できるようになったやで。

お客さんの考え方がもっと理解できる

前のポイントと近い事やねんけど、あるデモグラフィックの人が自分のチームに入ってへんやったらそのデモグラフィックの人達の考え方を理解するのが難しくなります。どういうペインポイントとかプロブレムとかがあるのが把握してないかも知らんで。前言ったフィットネス関係の人がチームに入ったら、初めてフィットネスインストラクターの資格の事を聞いた。「なるほど〜〜」とホンマ思ったわ。「新人のフィットネスインストラクターがそこを通らないといけないからそこがチャンスやろ!」のアイディアがそのおかげでできたわ。

会社のカルチャーが強くなる

「多様性」は男性とか女性とか違う国の人とかの話だけじゃないねん。技術とか性格の違さも大事やねんな。考えずに行動したい人ばっかりやったらたまにアホな事をやってしまうかもな。逆ケースも行動せず考える人ばっかりやったら何も動かない。両方の考え方が必要やねんな。どのケースでもほぼ同じです。優しい人ばっかりやったら利用されるかも知らんし、強引的な人ばっかりやったらいい意見を言おうとしてる人を見逃すかも知らんし、真面目すぎの人ばっかりやったら会社がつまらなくなってみんなどんどん辞めてしまうかも知らん。みんながいいポイントと悪いポイントがあると理解して、バランスをとりながらできるだけみんなの有利を取った方がえーで。
そんぐらいかな?俺がミスしたポイントがあると思ってますか?
じゃ自分でブログ書けや!!
すみません、またアメリカンジョークです。多様性の他のいいポイントがあると思ったらコメントに書いてくださいな!色々の意見を聞くのがえー事やねん。それで人が成長すんねん。
みんな仕事頑張ってな!
お疲れさん!!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*